2018年7月12日木曜日

7/16、鎌ヶ谷で今季折り返しの先発!


本日、サンスポウェブに宮台康平くんのインタビュー記事がアップされました。この半年を振り返り、最後に先発予定を明かしていました。7/16(月)の海の日に、鎌ヶ谷で楽天戦に先発するそうです。試合開始は13時半。楽天には神宮で対決した慶応のスラッガー岩見がいます。清宮幸太郎も二軍に戻ってるので見所満載!!

5 件のコメント:

  1. プロとしての半年を総括2018年7月12日 19:22

    記事では「プロは1年間、野球をする。常にいい状態でないといけない。ぼくの場合は大学野球でリーグ戦に向けてピークを作ってきた。いつでも、いいボールを投げないといけない。そういう体を作らないといけない」と、厳しさを感じている心境を吐露しました。「プロなので結果を出さないといけない。焦る部分もあります。環境としてはいいので、あとは自分の頑張り次第ですね」とも。焦ることはありません。ちゃんと、1勝してるし大丈夫です。(丸山)

    返信削除
  2. 翠嵐野球部も初戦突破!2018年7月12日 19:30

    今日は翠嵐野球部も、夏の選手権北神奈川大会の初戦でした。相手は鶴見にできた科学者育成学校のサイエンスフロンティア高校。序盤に4点リードされて焦りましたが、4回裏から翠嵐打線が乗り始めて逆転。終わってみれば12-5の8回コールド勝ちでした。
    試合日程がかなり酷でして、14日土曜日に伊勢原球場で希望ヶ丘高校と対戦します。旧制中学対決。先発の豊沢投手は7回まで投げたみたいで、疲れているでしょう。応援に行くので、負けないでほしいです。(丸山)

    返信削除
  3. 野球一家の夏2018年7月13日 18:27

    パパ台一家はこの3連休、すごいですよ。
    明日14日は母校翠嵐の2回戦ですが、15日はパパ台監督率いる松陽高校が横須賀球場で初戦。相手は瀬谷で1330試合開始です。
    で、16日は康平くんが鎌ヶ谷スタジアムで楽天戦先発ですが、パパ台一家の三男坊が4番打者を務める桜丘が、1330から藤沢八部球場で山手学院と初戦です。パパ台とママ台はどっちを見に行くんでしょうね。高校最後の夏だから三男坊優先かな。(丸山)

    返信削除
  4. 兄弟校対決は「兄」が制す。翠嵐散る。2018年7月15日 7:43

    惜しい試合でした。中1日の厳しい試合日程で、同じ旧制中学、希望が丘との兄弟校対決。会場は大山の麓の伊勢原球場。陽を遮るもののない灼熱地獄の対戦をわざわざ見に来るのは、現役生と野球部関係者。地元の人。それ以外は馬鹿者です。スコアブックに汗がぼとぼと落ちます。
    試合は2回裏に四球の走者を適時打で返した希望が1点先制。そのままエラーのない引き締まった試合は、6回まで膠着状態が続きました。中1日の翠嵐エース右腕豊沢くんも6回まで2安打投球。一昨日18安打の翠嵐打線は4回まで毎回1安打ずつ打ちましたがつながりを欠きました。7回裏の希望は四球二つに投手の暴投が絡んで1安打で2点を追加しました。0-3。豊沢くんの疲労は隠しようがありません。8回表。やっと翠嵐打線が覚醒します。2塁手のエラーを足掛かりに連続三塁打などで一気に4点。試合をひっくり返しました。翠嵐スタンドは最高潮の盛り上がり。4-3として8回裏は、右翼を守っていた三番打者がマウンドを引き継ぎます。投ゴロで一死を取ったもののそこから四球を挟んで悪夢の5連打。まずい守備もあって5点をずるずると失いました。リリーフ投手はストライクを取るのに懸命で、ゆるいストレートを狙い撃ちされてしまいました。4-8とされて9回表は先頭打者を出したものの後が続かずゲームセット。翠嵐の夏が終わりました。
    翠嵐の監督さんはパパ台の元同僚。試合後に聞いたところ、先発の豊沢くんはもう、いっぱいいっぱいだったそうです。しかし、見どころのある試合でした。あの粘りを忘れず、受験に挑んでください。久しぶりに美なりや翠嵐を聞けて嬉しかった。(丸山)

    返信削除
  5. パパ台監督、会心の逆転勝利2018年7月15日 22:02

    パパ台監督率いる松陽高校が2回戦で瀬谷高校と対決したので出動してきました。ベイスターズの2軍の本拠地、横須賀スタジアム。追浜駅から夏祭りの道を汗だくで歩きました。
    相手の瀬谷高校は部員も多く、統率の取れたいいチームでした。監督が指導熱心で有名だそうです。一方の松陽は松の緑がスクールカラーらしく、翠の名を冠する学校OBとして親近感を持ちました。序盤はじわじわと瀬谷がリードする展開。松陽のエース左腕が暴投やエラーで独り相撲の感がありました。4回まで毎回得点で0-5になっていました。5回にやっと2点返して追い上げモード。2-5。6回表は瀬谷の左腕にも疲れが見えて、松陽が走者をためたところで遊撃手がゴロを悪送球。とうとう同点に追いつきました。5-5。この遊撃手が足をつらせてしばし手当のタイム。しかし6回裏には瀬谷が2塁内野安打を足がかりにまた1点リードします。5-6。このときの松陽の2塁手は7回表に打順が回っても熱中症の手当てで出てこられません。長いタイム。パパ台はベンチ裏で付き添っていたそうです。何とか2塁手は復活しましたが、この季節に試合をする高校野球の過酷を憂えます。
    8回表。とうとう松陽は下位打線の4連打で同点に追いつきました。殊勲打の左翼手が派手なガッツポーズをとりました。6-6。なおも一死2、3塁のチャンス。パパ台はしきりにサインを送りましたが、スクイズは構えだけ。結局2直で飛び出した三走が刺されてダブルプレーでチェンジ。嫌な終わり方です。案の定、8回裏は一死満塁の危機を招きました。しかし、練習通りの6-4-3ダブルプレーで切り抜けました。9回表の松陽。簡単に二死となってから三番打者が2塁打を放ちました。どうもこの日は二死からの走者が多くて、パパ台も策を授けられません。思い切って打たせるだけの流れ。ここで4番打者が勝ち越し左前打を放ちました。さらに死球の後、ショートゴロを瀬谷がはじいてさらに1点。8-6となりました。熱中症の遊撃手には心の傷にならなければいいですが。
    9回裏も走者を背負いましたが、またまた6-4-3の併殺が成立して試合終了。終わってみれば打撃の松陽は全員の15安打。まあスタンドの盛り上がりようったらありません。
    祝勝会でゲームの裏話をたくさん聞きましたが、一つだけ紹介します。5回に2点追い上げた後、パパ台監督は選手を集めて「1点ずつじゃ追いつけない。まとめて取れ。高校の打席もあと1回か2回で終わるかもしれないんだ」と言ったそうです。これに、「普段から声も出ないおとなしいチーム」(パパ台評)が奮起しました。5点差をひっくり返したのはこのチーム初めてだそうです。
    次の相手はY校。シードの横浜隼人を破って来た強豪です。悔いのない試合をしてください。今日は本当に高校野球らしい面白い試合を見せてもらいました。(丸山)

    返信削除